少し気になる前歯を治したい!部分矯正という歯科矯正の方法

Pocket

部分矯正とは

前歯の一部分だけを矯正する治療方法を部分矯正と言います。

対象は上下合わせた前歯6本で、「前歯が一本だけ少し内側にねじれてるのを治したい」などという場合に行う歯科矯正です。

部分矯正は、全部の歯を移動させるのではなく対象となる一部の歯を移動させるため、矯正装置も比較的簡易なもので、歯を動かす距離も短くて済みます。

そのため、治療期間は他の歯科矯正の治療と比べて短く、治療費も安くなる場合がほとんどです。

 

部分矯正が適用できる場合

「部分矯正」は人気があるがありますが、全ての症例で治療が可能なわけではありません。 部分矯正が適用できる症例は限られています。

適用できる症例
  • 前歯部分が少しだけ内側へねじれている
  • 八重歯が少しガタガタ
  • すきっ歯

など、軽度なものしか治療できません。

何故なら、歯科矯正の治療では歯を移動させるためのスペースを作ることが重要です。しかし、部分矯正ではそのスペースを十分に確保することができません。

部分矯正では噛み合わせの改善はできない

前歯を一本だけを綺麗にするのは簡単そうに思えますが、実は意外と難しいのが噛み合わせです。

仮に、上の歯だけを綺麗に並べたとしても、下の歯としっかりとかみ合うとは限りません。上下の歯は非常に精密にかみ合っているため、かみ合わせの矯正は歯列全体を動かして調整する必要があります。

そのため、「部分矯正」では、かみ合わせの改善も必要となる歯科矯正の治療は行うことはできません。

ただし、前歯1本だけの歪みやねじれで悩んでいる方は非常に多いです。この様にかみ合わせに問題はないが、少し前歯が気になるという人には「部分矯正」がお勧めということになります。

部分矯正の治療期間

通常の歯科矯正の治療期間は1~3年程度であるのに対し、部分矯正の場合は半年程度の治療期間という場合も多くあります。

当然、個人差や症状によって治療期間は違いますが、部分矯正で治療可能ということなので、基本的には治療期間は短くなります。

部分矯正の治療費

通常の歯科矯正の治療費は数十万円~100万円程度と高額です。

部分矯正の場合、歯科医院によって治療費が異なりますので一概には言えませんが、全体矯正の半額程度に設定しているの歯科医院が多いです。

通常の歯科矯正と比べて治療期間も短く、費用も安い「部分矯正」とは言え、高額な治療であることは間違いありません。

上記で示したように「部分矯正」が適用できる症例は限られています。強引に部分矯正進めてくる歯科医院ではなく、患者さんの状況にあった正しい説明と選択肢を示してくれる歯科医を選ぶべきです。

 

お問合せ・コメントはこちら

[recaptcha]